肝臓 二日酔い

MENU

肝臓と二日酔い

お酒を飲む時間は楽しいけれど、飲み過ぎで肝臓に負担をかけすぎると二日酔いになってしまうことも。二日酔いになると頭痛や吐き気をはじめとした症状で、仕事や日常生活に支障が出てしまいます。

 

 

 

そこで二日酔いを予防するための対策を飲酒前・飲酒中のシチュエーション別に解説。それでも二日酔いになってしまった人のために、二日酔いの解消に効果的な対策についても解説していきます。

二日酔いと肝臓の関係

 

厚生労働省によると、アルコールは飲酒から1〜2時間で胃や小腸で吸収されます。その後アルコールは肝臓に運ばれ、分解されることとなります。アルコールは主に酸化によって分解されます。その結果つくられるのが、「アセトアルデヒド」という物質です。

 

 

 

アセトアルデヒドは有害物質とされ、二日酔いの主な原因となっています。アセトアルデヒドはその後、肝臓によって酢酸や二酸化炭素、水に分解され無害化してゆくのですが、肝臓の機能を超えた飲酒をしてしまうと、分解が追い付かなくなり、血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなることで二日酔いを招いてしまいます。

 

 

 

このように二日酔いと肝臓は深く関係しています。しかし、肝臓はお酒を飲み過ぎて辛くなっても「痛い」といった分かりやすい症状を出してくれません。だからこそ、自分で飲酒量を気にしたり、二日酔い対策をすることが大切なのです。

二日酔いで主にみられる症状

二日酔いではさまざまな症状がみられます。中でも代表的なのが、頭痛と吐き気です。どちらもアセトアルデヒトが持つ毒性が主な原因ですが、アルコール摂取による脱水症状も大きく関係しているとされています。アルコールが持つ利尿作用は、お酒を飲んだことがある人なら経験されたことがあるでしょう。

 

 

 

脱水症状が原因となる症状としては、喉の渇きやけだるさ、脱力感も挙げられます。このほか、アルコールが胃粘膜を荒らすことによる胸やけも二日酔いの主な症状となっています。

肝臓をいたわる!飲む前の二日酔い対策

 

残念ながら、二日酔いには「これだけで安心!」という完全な対策はありません。だからこそ、飲酒前からさまざまな二日酔い対策で予防を心がけることが大切です。できることから始めていきましょう。

空腹状態は避ける

先述の通り、アルコールは最初に胃や小腸で吸収されます。このとき胃と小腸でバランス良く吸収されればいいのですが、空腹状態で飲酒してしまうと、胃を素通りして小腸に達してしまいます。

 

 

 

小腸による吸収は速度があるため、すぐに血中濃度が上昇してしまうので二日酔いの原因となることに。これを防ぐには飲酒前から空腹状態を避けておく必要があります。太るのが嫌だからと昼食をはぶいて夜の飲み会に参加する人もいますが、二日酔いの危険度は高いです。注意しましょう。

サプリを飲む

サプリの中には肝臓の機能回復を助けたり、アセトアルデヒトの分解を促進する効果が期待できるものがあります。こうしたサプリを飲酒前に飲むのは、二日酔い対策に有効です。

 

 

 

二日酔い対策のサプリには飲酒前から飲めるものがあるので、こうしたものを探すと良いでしょう。ここでは主な成分と働きをご紹介します。

アラニン

肝臓の機能、アセトアルデヒド代謝、アルコール代謝・排出すべてをサポートする効果が期待できるバランスが良い成分です。さらに二日酔いに効果的なオルニチンの働きを助ける作用もあります。

クルクミン

主にウコンに含まれている成分です。肝臓の機能高める効果があることから二日酔い予防に良いとされています。コレステロール値が気になる人にもおすすめです。

タウリン

疲労回復で知られ、栄養ドリンクに含まれていることが多い成分です。アセトアルデヒトの分解を促進する効果や、肝臓の保護効果が期待されています。

セサミン

アンチエイジングに効果的なことで知られるセサミンですが、二日酔い対策にも効果が期待できます。アラニンと同じく肝臓の機能、アセトアルデヒド代謝、アルコール代謝といった幅広い効果が期待できるのが特徴です。

胃腸薬を飲む

二日酔いの予防には、アセトアルデヒトだけでなく胃腸の保護も考えなければいけません。そこで注目したいのが、胃や腸を保護する胃腸薬。ただし飲酒前に飲む場合、食前に服用するタイプのものを選ぶようにしましょう。最近ではコンビニで1回分の飲み切りサイズのものも販売されています。

肝臓の負担を減らす食べ物は?飲酒中の二日酔い対策

 

楽しくお酒を飲んでいる間にもできる二日酔い対策はあります。手軽にできるものばかりなので、ぜひ実践してみましょう。

おつまみもしっかり食べる

先述の通り、胃が空っぽの状態は二日酔いの原因となります。飲酒中もおつまみを食べることで空腹状態を避けるようにしましょう。中でも下記の食べ物はおすすめです。

イカ・タコ

アセトアルデヒトの分解促進などに役立つ、タウリンが豊富に含まれています。食べごたえもあり空腹状態を防いでくれるので、積極的に摂ってください。

ゴマ

セサミンが豊富に含まれているほか、アルコール代謝を助けるビタミンB15も含まれています。ゴマをメインとした食べ物は少ないですが、トッピングとしてなら幅広く活用できます。

豚肉・鶏肉

脂身の少ない赤身の豚肉や鶏のむね肉には、アセトアルデヒドの分解を促進する成分(メチオニン、オルニチン)が含まれています。脂身が少ない部位なので、カロリーが気になる女性でも食べやすいのではないでしょうか。

ナッツ類

お酒を飲みながら少しずつつまむのにちょうどよいナッツ類。マカダミアナッツやくるみにはアルコール吸収を緩やかにする脂肪が程よく含まれており、ほかのナッツ類にもアセトアルデヒドの分解を助けるオルニチンが含まれています。

飲酒の合間に水分補給をする

飲み過ぎの防止・脱水症状の予防という2つのメリットから、お酒を飲む合間にアルコールが含まれていない飲み物を飲むことはおすすめです。

 

 

 

中でもおすすめなのが、水とお茶。飲酒の合間に飲む水は「チェイサー」や「和らぎ水」と呼ばれ、二日酔い対策に有効であることが知られています。

 

 

 

また、緑茶をはじめとしたカテキンを含むお茶には、アセトアルデヒドの分解促進や利尿作用によるアルコール排出、胃粘膜の保護といった幅広い効果が期待できます。

汁物や鍋類もおすすめ

脱水症状を防ぐという点では、塩分を含んだ水分である汁物や鍋類もおすすめです。代表的なものが味噌汁。二日酔い対策で知られるしじみが入った味噌汁を飲酒中に飲むのも良いでしょう。

それでも二日酔いになったら?回復に効果的な対策

 

いろいろ二日酔い対策をしたけれど、効果が出なかったという場合に有効な二日酔い解消方法について解説します。

まずは水分補給

二日酔いによる症状の多くが脱水症状によって起こります。何はともあれ、まずは水分をしっかり摂りましょう。通常の水でも構いませんが、水分の吸収を早めるにはスポーツドリンクがおすすめです。

できれば安静に

水分補給をした後は、肝臓を休めるために安静にするのが理想的です。睡眠にはアセトアルデヒドの分解を助ける働きがあります。

肝臓を温める

アルコール分解で疲れ切った肝臓の機能を回復させるには、肝臓を温めることが有効です。貼るタイプのカイロを肝臓のある腹部右上あたりに貼ると、二日酔い解消に効果的とされています。

肝臓を回復するツボを刺激する

二日酔いで辛くて動けないというときは、手の平にある肝臓を回復するというツボを押してみましょう。ツボは健理三針区(けんりさんしんく)といい、手の平中央のやや下の部分にあります。親指で押すと良いとされています。

まとめ

二日酔いを予防するためには、いくつかの対策で肝臓の負担を減らしたり、肝臓の働きを助けることが大切です。さらに、アルコール摂取量に気を付けるといった飲むペースにも気を付けると、より効果が期待できます。アルコール分解の速度には個人差があります。周囲のペースに惑わされず、自分に合ったお酒の楽しみ方を忘れないようにしましょう。